配信一覧

つながるよろこびつなげよう!ふれあいフェスティバル in 阪神北

配信一覧(五十音順)

公益社団法人 兵庫県歯科衛生士会の紹介ページ

兵庫県歯科衛生士会は、「ふれあいフェスティバル」に毎年出展し県下の地域に根ざした活動を行っています。

兵庫県歯科衛生士会は、北は日本海、南は淡路島までの広い地域で、日本の縮図と言われています。兵庫県医療圏域に10の支部を持ち、それぞれの支部で地域に根ざした歯科保健活動や、啓発活動を行っている団体です!他団体との連携も積極的に行っており、一般社団法人兵庫県歯科医師会をはじめ、他団体との連携を重視した活動も行っています。また、唯一の職能団体として、社会の要請に応えることができる質の高い歯科衛生士の育成にも取り組んでいます。

今年度、全国に先駆けて、「兵庫県歯科衛生士センター」を創設し、登録システムにより歯科衛生士が、一生働き続けることを支援するしくみがスタートしました。「ちらし参照

どんな活動をしているの?

歯科保健、啓発活動の一環として、毎年神戸市立王子動物園にて「歯っぴいスマイルフェスティバル」を開催しています!また、年に1回「健康公開講座」も開催。歯や健康のことなど、県民の皆様にとって身近な話題を取り上げています。

「ふれあいフェスティバルin北播磨」では、幅広い年代の方に参加していただき、咀嚼力判定ガム、滑舌チェック、口腔水分測定などを実施する予定でした。新規事業「歯っぴいファミリーデー」では、成人・高齢者の型を対象にしたオーラルフレイルチェックを行いました!年代ごとに楽しめる企画を用意し、楽しみながら歯やお口の健康を知っていただく活動をしています。

オーラルフレイルってなに?

「オーラルフレイル」は、口腔機能の低下や食の偏りといった、身体の衰え(フレイル)の一つです。滑舌の低下や食べこぼし、口の乾燥など、見逃しやすく気が付きにくい症状から始まり、進行が進むと食事ができなくなるなど、介護が必要になります。

65歳〜70歳くらいから低下していくとされる口の健康は、全国単位でも注目されているオーラルフレイルですが、兵庫県歯科衛生士会では「100年人生と考えて折り返しの50歳からスタートできるもの」をテーマに、オーラルフレイルへの理解を深める活動を行っています!

今回オンラインで開催される「ふれあいフェスティバルin阪神北」では、配布予定だったリーフレットのダウンロードが可能です!ダウンロードはこちらから!

歯科衛生士会の活動についてもっと知りたい方はこちら

研修会を実施!

平成25年度からは、全国に先駆け「卒後研修必修プログラム」をスタート。歯科衛生士の育成、復職を希望する歯科衛生士の学び直しの場としても受講される方が増えてきました。

コロナ禍の2020年は、リモートで研修会を実施。「歯科衛生士復職支援講習会」や「口腔機能管理研修会」を行いました。

もっと知りたい方はこちら

兵庫県歯科衛生士会から歯の健康を学ぼう!

兵庫県歯科衛生士会は、地域に根ざしたさまざまな事業を開催しています。平成7年の阪神淡路大震災、平成21年の佐用町の水害などの経験を糧に危機対応実践力を持ち、これからも専門職団体として歯科保健活動、歯科衛生士育成に取り組んでいきます!

兵庫県歯科衛生士会についてもっと知りたい方はこちら

ひょうご歯科衛生士人材センター無料職業紹介所

配信一覧を見る
TOPへ戻る